『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(前半)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(前半)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(後半)はこちら

北川浩明さんによるレクチャー『アーカイブを纏う人・建物・街』Seek-machinami02-2を終えて、しばらく経ったある日のこと。
チャット上で、レクチャーの内容をさらに踏み込んで、『アーカイブ』をめぐる様々な対話が、参加者の間で行われました。到底一言で要約できるものではない長大な内容ですので、その全文を掲載します。
勉強会02-1からの続編 『アーカイブ』について考える対話です。



「西洋は、過去の事物を大切に保存し残していく、といったアーカイブの文化があるのに対して、日本は、諸行無情やスクラップアンドビルドといった言葉に表されるような、過去のものを残さない文化である」といった文化比較の構造に疑問が投げかけられるところから、議論が展開していきました。

三木さん
山口さんの出してくれた民族の話(注:アヴァンティップ族は自らの痕跡を残すのではなく、消す文化を持っているというエピソード)は身を守る上で自分たちの痕跡を消さざるを得ないということはわかります。 だとすれば、痕跡を残す(アーカイブできる)われわれは、敵(のような存在)が居ない穏やかな世界に生きている ということにもなります。 けれども、敵が現れることもある。 先日母が観た映画の話をしてくれました。 『華氏451』(監督:脚本:フランソワ・トリュフォー) その世界では文学が危険視され、本をすべて焼くというという世界になったようです。 ”焚書隊が出動する。 現在の消防隊の姿に似ているが、目的はまったく違う。 物語の時代は書物を禁じた世界。 焚書隊は書物を見つけ次第火炎放射器で焼き尽くすのが使命である。”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%B0%8F451
話がそれそうですが、 要するに、「アーカイブできる世界」というのにも今回初めて気がつきました。 確かに中国では政権が変わるたびに前の文化を捨て去ってきたとも習っています。 なので「アーカイブ」することの意味 しないことの意味 「アーカイブ」する、しないという議論は一つありますが、その背景としての社会についても意識的になりました。 それで細尾さんが感想で書いてくれたように、「多様性が保持されることこそが街や社会を考えていく上で、 一番大事な理念になるんじゃないかと思います」という点がキーセンテンスだと私も思います。 数の多少に関わらず、多様多種であることがもしかしたら「強さ」にもなるかもしれない。 とりあえず このあたりが私の北川さんのレクチャーから考えたことです。 ちなみに私は日本=諸行無常感とは思いません。日本に渡ったことで成熟していった文化が沢山あります。 ある意味シツコイというか、考えて活かすことを続けてきた民族かもしれません。 最近知人が言っていました。「日本人が発明したものは数が少ない。 日本人は0から物を生み出した歴史はほぼ無いのではないか」と。 これも突っ込みどころが多く話がそれそうです。とりあえず一旦「アーカイブ」という語の1つの意味を「多様性内包」と置き換えておくとすっきりします。

北川さん:三木さんのご指摘の通り、僕が言った『山口さんが出してくれたアヴァンティップが自然環境に痕跡を留めることを嫌うのは、敵対する集団に待ち伏せと襲撃の機会を与えてしまうからで、人工的な町での住まいかた、痕跡の残し方とは少し違ってくるのではないか』という意見は早合点で、確かに町の中に敵がいないとは言えないですね。
三木さんがいう「アーカイブできる世界」と(したくても)できない世界が時と場所に寄ってはあるというのは、本当にそうだと思います。(その前にアーカイブする世界、しない世界という議論もあるかもしれません) 華氏451は僕も見ましたが、あの映画で僕が面白かったのは、最後、本が焼かれた後、ある隠れ集落みたいな所で一人一人が1冊の本を丸暗記して次の世代に語り継いでいくというところですね。人自体が本(の代わり)になる。本がなくなっても別の仕方でアーカイブをしだすというように僕は捉えました。
細尾さんの「多様性が保持されることこそが街や社会を考えていく上で、 一番大事な理念になるんじゃないか」という意見、僕も同意します。
上記の話も踏まえて、今の日本がアーカイブできる世界なのか、そうではないのか、日本人がアーカイブをするのか、しないのか、アーカイブの仕方が違ってきているのかなど、皆の意見を聞きたいと思います。
少し補足しときますと、城壁に囲まれたイタリアの町の中(敵がいない前提でアーカイブし易い?)と現代日本の町(疎遠な関係、対人恐怖症、仮想敵etc)とではアーカイブの現れ方が随分違ってくるのかと思います。 人間同士の関係、コミュニティがアーカイブを形成しているようにも思います。



三木さん: 私自身は華氏451見てないのですが、最後の村のシーンは母も驚いたそうで、人が本の代わりになるそうですね。個人というものよりも、過去から未来への媒介者として徹する。たまに、古い楽器を使う方や、古い家に住む方の考え方で同じような方に出会います。今自分は過去の人から借りているだけだと、未来へつなぐための自分だとおっしゃっていました。そういうアーカイブの仕方は深くて面白いですね。本質的な気がします。

田和さん:この前、ISIS に殺されたジャーナリストのかたは、一緒に拘束されていた、解放される人に手紙を暗記してもらったそうです。方法を奪われたとき、新たな方法を作り出して繋いできたのがアーカイブ。
中国で征服した国の書物を焼いたのは、歴史を一方向から描きたかったのでは? ここではアーカイブは、すべて勝者の記録としての性格を持ちますね。
じゃあ都市はどうなのでしょうか。コンペを勝ち取り、顧客を抱えた建築家だけがまち作りをしてるわけではないし、0円ハウスに埋め尽くされているわけでもない。 古いものも新しいものもあることで、なんとなく最大公約数として、いい、といわれるまちになるのかな?それが平均顔の強度に繋がるのかなと思いました。
支離滅裂ですがみなさんの文面からの感想です。

細尾さん:アーカイブを持つということは、いろいろな逃げ道を確保する,という側面があるなぁ、と思いました。 焚書という行為があるように、統治する側からすると、民衆に色々なアーカイブを持たれて、自分達が押し進めようとしている方向と異なる逃げ道を確保されたら、やりにくい。 やっぱり、逃げ場がいろいろある場所は、風通しがよくて、いい場所なんだろうなと思います。

田和さん:細尾さん、考え方が、マイノリティ側です(笑) 王道を歩く人は、逃げ道を考えるのかな。風通しよいことと、なにやってもよいことは違いますよね?うまく差を説明できないですが。

三木さん:最大公約数と、振り幅が大きいのとは少し違う意味になるかなあ?振り幅が大きく、角度が多様なほど、立体的な世界になる気がします。逃げ場が多いといよりは、どの選択肢もあり得る。国家としては統治しづらいかもしれないけど。

細尾さん:僕はほら、中学生からパリーグだからさ(笑) 風通しよいことと、なにやってもよいことは違うでしょう。

北川さん:僕はパリーグこそ王道だと思いますよ(笑)メインストリームではないですが。

三木さん:私、野球を見ないからか?「少数派」、「多数派」の意識を今までしてこなかったんですよね。

細尾さん:どの選択肢もありえるということを、僕は色々逃げ場がある、というフレーズでいいたかったのですよ。

三木さん:そうですね、同じ表現ですよね、けれどなんだろう。数の多少とかではない事を気にしている私が何にひっかかるんだろうかと、自問中です。 数ではなくて、◯×の世界がアーカイブを拒むのでしょか。秦から漢?に代わった時には先の国家が誤りだったとするんでしょうね。二項対立が当然の環境において、多様性である事自体がタブーなんですよね。最大公約数は、数が多い約数だけど、答えが一つなんですよね? すいません自分でもよくわからない。

北川さん:細尾さんと僕のセリーグ、パリーグの捉え方が同じかは分からないですが、僕の捉え方では多数派か少数派かというよりも、セリーグは資金を潤沢に持ってて、スター選手をどんどん引っ張っていて、テレビ放映を多く持ってて、資本主義の匂いがする。 パリーグは、セリーグで戦力外通告をされた選手でも、また実力を見出されて活躍できるような場(逃げ場とは少し違うかもしれませんが)があって、国籍、年齢に多様性があるようなイメージです。 そういう意味で、場の在り方としてはパリーグの方が王道なのかなと思って見切り発車しました。
二項対立で、前のモノを全て破壊するのは、とても暴力的で良い進歩の仕方だとは思えないですね。綻びを修正していくようなやり方の方が良いような・・・

三木さん:なるほど、ある評価を簡単に数字なんかで出しちゃって◯×つけて平気なのがセリーグなんですね。

細尾さん:三木さん、そうなんじゃないかな。 僕も、だいたい北川さんのセ・リーグ、パ・リーグのイメージに近いですよ。僕もばくっといってるから、厳密に定義を聞かれるとこまるけど(笑)

三木さん:ありがとうございます。細尾さんの先述の言葉がすんなり読めました。それで、話を戻すと、釈放された人質にたくした手紙や、村人が分担して本を記憶するというように、身を以てアーカイブすれば、自動的にアーカイブするよりも、後に活きる情報になるのでは?あるいは、アーカイブすること自体に各自の思考が伴えば、つみ重ねていくだけでも面白さが生まれるんでしょうか。 先代の痕跡を残さないのも成長がないようですが、自動的に残すのも、有る意味成長がないのかもしれません。

本間さん:日本の民俗学のスタートは、「文字化されなかった人々の記憶を記録する」ことで、それまで歴史化=文字化されてきた文書は、田和さんの言う「ごく限られた層」に過ぎないですから、私たちは歴史を鵜呑みにしてもいけないですね。 それにしても、前回の議論では平均顔が美しいと思うのは「強度を持つから」という話でしたが、平均顔って美しいですかね? 僕はのっぺりしすぎてて何だかなーと。平均顔を美しいと思ってしまうことでさえ現代的な価値観にすぎないと思います。と、断片的な感想だけお伝えしておきますー。
http://d.hatena.ne.jp/Mukke/20140905/1409925344
僕の関心からすると、このブログのアイヌ民族のように、アーカイブ(記憶の伝承)どころか、生き様に関わってくる問題かと思います。

北川さん:平均顔のくだり、僕が言い出しっぺだけど、本間さんの言ってること分かる(笑) ただ顔に限らず、特徴的すぎるものよりも情報が密でとりとめのない感じのモノには何故か惹かれます。 もう少し考えます。

山口さん:例の「アヴァンティップ」の人々についての補足と、それに関係して、アーカイブについて考えたことを、まとまらないままに記します。里見龍樹「人類学/民族誌の「自然」への展開」に、パプアニューギニアに住むアヴァンティップの人々について、こうあります。「すなわち、過去の諸世代あるいは死者の痕跡が過剰にとどめられることを嫌うこの人々は、自然環境に手を加える際、そうした変形の痕跡が、結果的に環境の中に溶け込み、人為的な産物とは認識不可能になるような仕方でそうしようとする。」このようなことが注目される文脈として、人類学の研究において「自然/文化」という二分法が問い直されているということがあるそうです。私たちのような現代人は自然を、文化的なもの(あるいは社会的、人間的なもの)と対比させて理解しますが、アヴァンティップは私たちが文化的なものとしてみなすような、道路であったり水路であったりを、自然のなかに解消しようとする。おそらく彼らは自分たちを自然の一部として見ていて、自然と対立するものとしては考えない。アーカイブというのは、優れて文化的なものです。私たちはそれを、自然の混沌のなかに、秩序を打ち立てるものとして見ている。中国で皇帝が変わるごとに書物が焼かれたのは、王朝の歴史を記したアーカイブがその王朝の正当性の源泉であったからでしょう。アーカイブはまた、国家の秩序だけでなく、個人の秩序、あるいは自我の源泉でもあります。私たちは意識的あるいは無意識的に記憶を再構成し物語を作ることで自我の一貫性を得ている。311の津波のあと、流された写真アルバムを洗浄するボランティア活動がなさました。被災者にとって、そうした写真アルバムは、世界の荒波のなかで自分たちを一つの場所につなぎとめる碇になる。このようにアーカイブは単に実用的な情報の集まりではない。象徴的な機能がある。そういう意味で、記念碑とか墓にも似ている(住居というのも、本来はそうした機能を持つものです)。他方で、人が死んだあと、鳥に食べさせたり、河に流したりして、跡が残らなくしようとする人たちがいます。彼らは輪廻転生を信じているからそうするのでしょうか。自然の中に自らを解消したいという欲望があるのではないか。
しかし今回の勉強会で北川さんが主題としたかったのは、建築に刻まれた時間の厚みのようなものでではなかったでしょうか。私はそれをアーカイブと呼ぶべきか疑問に思う。アーカイブは管理された公式記録です。建築に刻まれた時間の厚みは、むしろ人間が管理できない力から来る。人間の恣意の外にあるもの、意図せぬもの、たとえば自我の一貫性を毀損するような出来事に、私たちはリアリティーを感じる。日本の最近の建築の薄っぺらさは、単に文字通りの時間の浅さのみならず、そのような恣意の外にあるものを排除し、全てを管理のうちに取り込もうとするところからきているように思う。今日の建築材料は汚れが付きにくく、汚れが付くより先に交換される。動線やアクティビティはますます厳密に規定され、そこから外れると怒られる。私は別にそれがダメだとか言っているのではありません。重力が存在して、高いところのものが下に落ちるのと同じようなものかもしれません。重力が存在するのは仕方がないのですが、だからといってずっと寝そべっているのが良いことにはならない。私たちは立つときも歩くときも、単に重力に逆らうのではなく、重力を利用してもいる。


後半に続く
[PR]
by machinamiproject | 2014-11-30 01:10 | Seek machinami


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2018年 04月
2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧