臼杵市に行ってきました。(レポート)

b0150748_23583938.jpg

大分県臼杵の航空写真
現在人口が約40000人、農業、漁業、造船業、醸造業などが盛んとのこと。
写真の中央付近の森のように見える場所が、1500年代末の戦国時代には臼杵湾に浮かぶ丹生島であり、
その島の上に大友宗麟が臼杵城を築城し、その場所が現在も城跡として残っている。

そして、臼杵の町は、臼杵城の城下町で、江戸時代初期の古絵図にある町割りがそのまま町並みとして残っている場所だそうです。( 地図 市の観光案内より)
b0150748_2354639.jpg



b0150748_23534485.jpg

城下町の図 ( 市の観光案内より)

b0150748_23542768.jpg

昭和60年代より、歴史環境保全事業等として様々な景観に対する取り組みをされてきた場所であるが、
今年の5月に、新たに景観条例に切り替え、各エリア分けを再度明解にし、さらにその中に重点地区を敷いた。上のパンフレットは以下で見る事ができます。

市の景観政策掲載サイト


b0150748_23545344.jpg


今回参加した全国交流会分科会では、どのようにして古い町並みを保全活用していくかが議題となりました。
細街路の取り扱いの問題、防火準防火エリアにおける古い建物の運用の問題、活用する際の用途変更と現行法遡及の問題など、おそらく全国の古い町並みを残す地域は同じ様な問題を抱えています。
それらに対してどのようにすれば、より良い町並みを継承しながら活性化できるのでしょうか。

各地から来られたパネリストの方々と話を進めていくと、大きな方向性は見えてきた気がします。

結局のところ、これからの日本は少子高齢化社会に間違いなく進んでいく、その時に、今までスプロール(拡大)しつづけてきた都市は、拡大する必要が無くなり旧市街地にも空き家が増えていく。
そういった時に、現在の建物に関する基準を改めてみ直すと、これらは戦後の大量生産時に最低限度の守るべき安全基準を定めたものだったことから、それ以前から建てられている建物や町に対して、適応する必要があるだろうかということ。
また、火災発生後の被害の連鎖を恐れた防災基準によって、現在木造の古い建物を活用しづらくなっている。
いま、京都の中心部でも空家の数が増えている。
パネリスト曰く、現在の社会問題は火災よりも、空家によるコミュニティの欠落や独居老人の孤独死、福祉の心配などにある。つまり、社会的な最優先課題が確実に変化している。
にもかかわらず、戦後から続くさまざまな基準により、既存建物の利活用ができないのであればそれこそその基準を見直さなくてはならない。

そんな中、現在は国家戦略特区というものが進んでいる。
参考事例:奈良 
少し遅かったのかも知れないけれど、ようやく国の規制緩和が動き出したようです。
結局のところ、これからどんな町を作っていきたいのかが一番重要なこと、
人がいない景観保存地区なんて全く意味が無いという過去の反省からだろうか、これから既存の基準は変化の過渡期にあるようです。

その点では、今回の臼杵の旧市街での取り組みは、感覚的にですが、人の気配のする良い町並みになっている気がしました。
古いものと新しい試みの混在模様が、誰かしら個人の意思が垣間見えた様な気がして、心地よかったです。

これから、各地で進められるであろう特区構想。
基準を緩和するからには、その方向性の共有化を図る為に、たくさんの議論をし始めるのでしょう。

いよいよ面白くなってきました。

一体何を継承したいのか、何に魅力を感じるのか、何を誇りに思うのか、、、各自が意識的になるほど、個性のある、人気(ひとけ)のある街づくりができるのだと思います。

それにしても、ここは地形の面白い町でした。
おそらく、等高線(海抜)と共に地図を観るとわかりやすいです。
かつて海が入りこんでいた時代に、陸地であったところを選んで散歩をしました。
すると、石垣や敷石に使われた臼杵石が、一段と古い場所に出合います。
約400年前の地形に想いを馳せながら現存する石垣と小道を進む体験は、過去と現在が多層化して、ふと、数年前にイタリアのローマを歩いた時のことを思い出しました。
各時代の織りなすこの立体感は、古い町の大きな魅力です。


とりいそぎ 忘れないうちに覚書 
[PR]
# by machinamiproject | 2013-11-18 23:42 | 都市計画 | Comments(0)

まちやまなびの会 左官屋さんにきく京町家のお仕事

b0150748_23354358.jpg


12月1日 京町家なう、 さんが、まちやまなびの会を開催されます。
今回の会場は西陣の織り屋建の町家で開催されるようです。
左官仕事の中でも、現在少なくなってきた土をあつかう仕事についてお伺いします。

その他、町家にまつわる土のお話、おくどさん、タタキなどなど、ふだん気軽に聞けない事を
こちらでゆったりと質問してみましょう☆


まちやまなびの会
[PR]
# by machinamiproject | 2013-11-18 23:40 | 情報 | Comments(0)

Seek Machinami 01-3

b0150748_2272615.jpg


|谷川俊太郎

タテの柱は遥かな天へと伸びてゆく
ヨコの梁は知らないどこかへ伸びてゆく
垂直と水平の交わるところに人は棲む
木を畏れ獣を恐れ自分の座標を探りながら

夜 風が部屋に忍びこむと
子どもは眠りながら愛に目覚める
朝 太陽が部屋に飛びこんでくると
子どもは夢を幾重にも折りたたむ

過去の尻尾は霧のなか
未来の触角は雲のなか
でもロケットに頼らなくても
宇宙はいつも今 ここにある

階段を下りると地面が暖かい
地面は海へ 海は他国の地面に続く
階段を上がると空が広い
空は星へ 星は黙って目配せする

家はひっそりと家族を孕んで
深い呼吸を繰り返している

― 「家」 詩:谷川俊太郎 より


「家」 それはご飯を食べるところ、眠るところ、団らんするところ……それだけだろうか。
私たちは住まいに何を求めてきたのだろう。
いま、何を求めているのだろう。
「家」の意味を見つめ直し、削ぎ落とし、もう一度広げていくために、「棲めるところ」と題して
改めてみなさんで議論をしたいと思います。


SeekMachinami!01-3 開催決定


「 棲めるところ ~住まいと家族の移り変わりをたどる」


11月23日 (土) 18時~
場所: 陶々舎 

第一部 「住まいと家族の移り変わりをたどる」映像数点 鑑賞

第二部 「棲めるところ」 とは?


内容は、前回に引き続き住まいをめぐる考察になりますが、
今回は時代により変化してきた住まいと、家族の形に焦点を当て、いくつかの映像を抜粋して鑑賞します。

仕事が変わり、家の形式が変わり、家族形態が変わり、気が付けば今みんなでこの社会にいます。
今に至るまでにどのような暮らしがあったのか、その時どのような社会と家族があったのか。
みんなでその変化をたどりながら、これから先へ思いを馳せようと思います。

あらゆる分野に携わる方、年齢層、経験者に議論に御参加いただければと思います。


場所が分らない方はメール下さい。
kyoto.machi.project(@)gmail.com
*@マークの両「」をけして送信下さい。
[PR]
# by machinamiproject | 2013-10-23 22:09 | Seek machinami | Comments(0)

旧ジョネス邸への寄付

旧ジョネス邸をマンション業者から買い取る動きが建ち上がっています。
期限が9月末まで。
でも買取の資金が全然足りていないようです。


今の日本では、こういった質の高い建物が毎日のように解体されてはマンションに変わっています。
そんな中、たった一軒に対して出資、もしくは寄付をしたところで何が変わるんだろうかと、思うかもしれません。
もちろん自分もいくらでも出資できるような身分では無い。
けれども、100円でも、1000円でも、好きな風景のためにお金を使っても良いのではないかと思うのです。

マンションが乱立している現在ですが、そのマンションが竣工した後、各部屋が切り売りされ、
その後満足するのはそのマンションに入居する人の数だけで良いのだろうか。
売れるから、作る、作る為に今まであるものを壊す。
この繰り返しの中に、少しでも違う意価値観を生み出せたらと思うのです。

人口は減っているのに、この社会は建物を作り続けています。
作り続けるだけで、私たちは豊かになるのでしょうか。。。。


まだまだ買取の資金が足りていないようです。
そこで、この度第三者のみんなで協力できるような、2つの方法が作られました。


b0150748_221879.jpg


● 1つは 
  ジョネス邸を含めた洋館活用をする為の事業展開をする合同会社【合同会社塩屋百年舎】
  への出資者の一人となる。
  
  そのために一口 10万円を出資する。
  


● 2つめは、保存会【一般社団法人 旧ジョネス邸を次代に引き継ぐ会】の活動に対しての寄付をする。
 
  金額は自由設定

この建物や塩屋に行ったことない人はその魅力を実感できないと思います。
そんな方々は、無理をしなくても良いと思います。
でも、一つ言えるのは、いまここで動いている方々のパワーと、熱意の大きさ。
とっても素直な気持ちが、この活動の起こりだと思っています。
そこに敬意をもっているので、この場でお知らせいたします!
どうぞよろしくおねがいします。

詳しくは以下のこちらのサイトへ

 
[PR]
# by machinamiproject | 2013-09-11 22:19 | 建物 | Comments(0)

おくどさんイベントの御案内 今回は風呂敷編!

京町家なう、さんの次回イベント案内です。



町家で風呂敷について教わり、ご飯をおくどさんで炊いて戴きます。


b0150748_22595841.jpg

[PR]
# by machinamiproject | 2013-09-09 23:01 | 情報 | Comments(0)


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

制度って、国なり、自治体..
by tawawa at 12:36
tawaさんありがとう。..
by mk at 23:02
めんどくさがらない は、..
by MiKi at 02:07
早速コメントいただきあり..
by machinamiproject at 00:31
ああこのお家、わたしもと..
by フー at 18:16
素朴な疑問だけど北山のコ..
by tawawa at 12:55
んじゃ今度は 桂川を越え..
by miki at 13:36
桂方面、行きたいね。 ..
by tawawa at 12:37
はじめまして。 コメン..
by machinamiproject at 01:07
はじめまして、加藤と申し..
by sand_gasa at 05:50

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧