<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(後半)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、
『アーカイブ』を考える対話(後半)


『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(前編)はこちら


本間さん:興味深い引用ありがとうございます。
たしかに山口さんのご指摘のように、アーカイブというのは管理や意識/意志の内にあるもので、建築や都市に刻まれた時間や痕跡の厚みは無意識に堆積されていくものですね。(一報で、ベルリンの壁のように意識的に残されたものもありますが) その厚みが少し剥がれて判読可能になったものの一つがトマソンだったりするわけで。路上観察はそれらを積極的/余興的に読み取る行為(趣味)です。
あと関係するところで、篠原一男は建築写真から徹底的に生活感を排除して自分の範疇の空間を撮影させた建築家で有名ですが、縁があって今の「白の家」を見学させていただいた時に、ものすごいインテリアの量で空間が生活感に溢れていて、建築家の恣意の外にある、生活者の時間の厚み(生きられた家)を感じることができて、とても印象的だったことを思い出しました。
とりとめがないですが、山口さんの感想をお聞きして。

北川さん:山口さん、本間さんのコメント、すごく考えさせられます。本人は痕跡を残したくないと思い自然の中に消えていきたいと思っても、次の世代の人がそうしなかったからアーカイブとして残っているという場合もあると思います。 そして、僕が前回あげた例はそれらだと思います。作った本人の意思、恣意を超えて、それを受け取った人が自ずから(無私)媒介者としての役割を果たすということはないでしょうか。それも恣意的な行為だと思います。 山口さんの指摘通り、アーカイブは管理された公式記録ですが、僕が上げた例も、その域を超えないと思います。カルロスカルパのような後人達が価値を見出したものだけが恣意的に残っている例を上げたに過ぎないと思います。本間さんが言うように歴史とはそういう人為的なものだと思います。
アヴァンティップの人達も自然と文化の対立からは完全に逃れられてないようにも感じます。確かに最小限の痕跡しか残してないように人間は考察してても、自然からしたら、一歩人が立ち入るだけで生態系が変わってしまうというような話を熊野古道のくだりで聞いた事があります。 要するに人が入る事自体が人為的な行為であるかもしれません。
山口さんの「アーカイブとは墓や記念碑のようなもの」というのは名言だと思います。確かに実用性は伴わないですね。だから必要とされてないのかもしれないですね。自然の摂理とは全く関係のない人工的な側面も強いと思います。だけど、それって町に必要だ!!みたいなある種ナイーブな話をしているのかもしれないですね(笑)。

続きを読む
[PR]
by machinamiproject | 2014-11-30 01:11 | Seek machinami | Comments(0)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(前半)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(前半)

『アーカイブを纏う人・建物・街』を終えて、『アーカイブ』を考える対話(後半)はこちら

北川浩明さんによるレクチャー『アーカイブを纏う人・建物・街』Seek-machinami02-2を終えて、しばらく経ったある日のこと。
チャット上で、レクチャーの内容をさらに踏み込んで、『アーカイブ』をめぐる様々な対話が、参加者の間で行われました。到底一言で要約できるものではない長大な内容ですので、その全文を掲載します。
勉強会02-1からの続編 『アーカイブ』について考える対話です。



「西洋は、過去の事物を大切に保存し残していく、といったアーカイブの文化があるのに対して、日本は、諸行無情やスクラップアンドビルドといった言葉に表されるような、過去のものを残さない文化である」といった文化比較の構造に疑問が投げかけられるところから、議論が展開していきました。

三木さん
山口さんの出してくれた民族の話(注:アヴァンティップ族は自らの痕跡を残すのではなく、消す文化を持っているというエピソード)は身を守る上で自分たちの痕跡を消さざるを得ないということはわかります。 だとすれば、痕跡を残す(アーカイブできる)われわれは、敵(のような存在)が居ない穏やかな世界に生きている ということにもなります。 けれども、敵が現れることもある。 先日母が観た映画の話をしてくれました。 『華氏451』(監督:脚本:フランソワ・トリュフォー) その世界では文学が危険視され、本をすべて焼くというという世界になったようです。 ”焚書隊が出動する。 現在の消防隊の姿に似ているが、目的はまったく違う。 物語の時代は書物を禁じた世界。 焚書隊は書物を見つけ次第火炎放射器で焼き尽くすのが使命である。”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E6%B0%8F451
話がそれそうですが、 要するに、「アーカイブできる世界」というのにも今回初めて気がつきました。 確かに中国では政権が変わるたびに前の文化を捨て去ってきたとも習っています。 なので「アーカイブ」することの意味 しないことの意味 「アーカイブ」する、しないという議論は一つありますが、その背景としての社会についても意識的になりました。 それで細尾さんが感想で書いてくれたように、「多様性が保持されることこそが街や社会を考えていく上で、 一番大事な理念になるんじゃないかと思います」という点がキーセンテンスだと私も思います。 数の多少に関わらず、多様多種であることがもしかしたら「強さ」にもなるかもしれない。 とりあえず このあたりが私の北川さんのレクチャーから考えたことです。 ちなみに私は日本=諸行無常感とは思いません。日本に渡ったことで成熟していった文化が沢山あります。 ある意味シツコイというか、考えて活かすことを続けてきた民族かもしれません。 最近知人が言っていました。「日本人が発明したものは数が少ない。 日本人は0から物を生み出した歴史はほぼ無いのではないか」と。 これも突っ込みどころが多く話がそれそうです。とりあえず一旦「アーカイブ」という語の1つの意味を「多様性内包」と置き換えておくとすっきりします。

北川さん:三木さんのご指摘の通り、僕が言った『山口さんが出してくれたアヴァンティップが自然環境に痕跡を留めることを嫌うのは、敵対する集団に待ち伏せと襲撃の機会を与えてしまうからで、人工的な町での住まいかた、痕跡の残し方とは少し違ってくるのではないか』という意見は早合点で、確かに町の中に敵がいないとは言えないですね。
三木さんがいう「アーカイブできる世界」と(したくても)できない世界が時と場所に寄ってはあるというのは、本当にそうだと思います。(その前にアーカイブする世界、しない世界という議論もあるかもしれません) 華氏451は僕も見ましたが、あの映画で僕が面白かったのは、最後、本が焼かれた後、ある隠れ集落みたいな所で一人一人が1冊の本を丸暗記して次の世代に語り継いでいくというところですね。人自体が本(の代わり)になる。本がなくなっても別の仕方でアーカイブをしだすというように僕は捉えました。
細尾さんの「多様性が保持されることこそが街や社会を考えていく上で、 一番大事な理念になるんじゃないか」という意見、僕も同意します。
上記の話も踏まえて、今の日本がアーカイブできる世界なのか、そうではないのか、日本人がアーカイブをするのか、しないのか、アーカイブの仕方が違ってきているのかなど、皆の意見を聞きたいと思います。
少し補足しときますと、城壁に囲まれたイタリアの町の中(敵がいない前提でアーカイブし易い?)と現代日本の町(疎遠な関係、対人恐怖症、仮想敵etc)とではアーカイブの現れ方が随分違ってくるのかと思います。 人間同士の関係、コミュニティがアーカイブを形成しているようにも思います。

続きを読む
[PR]
by machinamiproject | 2014-11-30 01:10 | Seek machinami | Comments(0)


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

制度って、国なり、自治体..
by tawawa at 12:36
tawaさんありがとう。..
by mk at 23:02
めんどくさがらない は、..
by MiKi at 02:07
早速コメントいただきあり..
by machinamiproject at 00:31
ああこのお家、わたしもと..
by フー at 18:16
素朴な疑問だけど北山のコ..
by tawawa at 12:55
んじゃ今度は 桂川を越え..
by miki at 13:36
桂方面、行きたいね。 ..
by tawawa at 12:37
はじめまして。 コメン..
by machinamiproject at 01:07
はじめまして、加藤と申し..
by sand_gasa at 05:50

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧