<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

窓辺について考える  (京都で発見)

先日QueryCruise vol.2-3の加藤さんと西陣千中界隈を歩いたときに住宅街で見つけました。
こんな窓辺が3つ。

前回のまちあるきからずっと気になっていた違和感。
それが“窓辺に飾られたぬいぐるみの背中”だったのですが、今回のこの窓辺は人形が外へ向けて
飾られていました。

しかも時計まで親切に外に向けてあります。

b0150748_1434573.jpg


b0150748_14343159.jpg


b0150748_1434521.jpg


キャラクターの種別はなんであれ、これにより、もう直ぐおひな祭りだと教えてもらいました。

なんだろう
確かにこの窓辺を通り過ぎたときには自分が疎外感を感じることはありませんでした。
これだけのことなんですけど、これによって両サイドの窓辺に挟まれた道路は、不思議な空間になっていました。

住人たちがこの窓から外を見ることは少ないのでしょうから、これは新たな窓の意味づけだと思います。
もちろんこういう窓は、窓の意味を問い直す意味で必ずしも喜ばしい状態ではないのかもしれませんが、路行くものにとってみれば外部のものの存在を認めてくれるささやかな効果があるのでちょっと嬉しい気持ちになりました。


窓辺について考える1

窓辺について考える2

窓辺について考える3
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-28 14:30 | 窓について | Comments(0)

QC2-3加藤さんとまち歩き

2月21日、22日にQueryCruise vol.2-3 加藤さんによる町歩きに参加してきました。

b0150748_14273650.jpg


b0150748_1428361.jpg


千本中立売付近、五番町のあたりの最近更地になった広い空き地を踏みしめる。
ここにあった平屋の大きな木造の建物は、その規模をうまくリノベーションできずにきっと諸事情があったのだろう、壊された。
そして何も無くなった場所を歩く。

当時の独特の間取りの建物。その建物に逢えなかった悔しさと、昨日までそこにあったように生暖かい気がする跡地に出会えたことの貴重さ。
おそらく今ここに新しいマンションのような建物が建っていたなら、かつてを想像することすら難しかっただろうから。

b0150748_0504532.jpg


b0150748_0511717.jpg


そして千本通りを東へ渡った住宅街。
木造の平屋が立ち並んでいた地域を一斉に壊して新しい建売住宅を建てた場所。
今尚その痕跡がくっきりと残っていた。
かつてそこにあったはずの家は道路へと代わり、そのシルエットだけが隣家に残っている。
これも、この痕跡があるから当時が容易に想像できる。
いつまでも残らないであろうこの痕跡に出会えただけで、今回ラッキーだったと思った。

こうやって街を歩いてみると、刻一刻と街は変貌し続けていることが良くわかる。
しかもものすごく急ピッチで変化する。
そこにあったはずの建物がコンビニにたて代わっていても誰も前の姿を思い出せない。
そしてそこに残るのはいびつに繕った変な場所。

こういう現実をありありと体験できた今回のまちあるきのお陰で、
これからは時間があるかぎり 今この現実を見て歩かなきゃと思わされた。
今既に無いもの、今まだあるもの、その過渡期にあるもの。すべてが愛しい貴重な存在である気がしてきた。

そういう意味で今回はとっても意味ある一日となりました。
加藤さん ありがとうございました。
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-28 14:28 | 町並会議 | Comments(0)

QC2-2

2月7日にQueryCruise vol.2-2佐野先生の会に参加してきました。

b0150748_14192313.jpg


今回は公共政策学からの視点で景観問題を見てみようというものでした。
詳しいレポートはこちらのRADサイトでどうぞ。
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-28 14:24 | 町並会議 | Comments(0)

窓辺について考える  (事例紹介)

そういえば 以前滞在していた北フランスのLilleの側にあるRoubaix(ルべー)という街で、
「Les fenetres qui parlent」(おしゃべりする窓たち)と題したイベントがありました。

b0150748_122088.jpg


そのイベントは窓辺をつかったものだったのでここで紹介をします。

More
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-21 01:27 | 窓について | Comments(2)

僕も窓について考える その3

窓について。そして町について。

自分の経験とかぶったので、書き込みさせて頂きます。


以前、クリスマス前にフィンランドに行った時の話です。

ヘルシンキの町を歩いていると窓に目がいきました。


道から窓を見上げると、カーテンを開けている家が多くて、
天井から吊っているペンダント照明が見えたり、
出窓には通行人に向けて、植物やキャンドル、スタンド照明がセンスよくディスプレイされていて、そのお家にお邪魔していないのに、中で生活している人の暮らしを感じる事ができて、あたたかい気持ちになりました。


住んでいる人からすると、窓を通して"見せる"意識と"見られる"意識が同時に働いて、
それがインテリアを充実させ、暮らしをより豊かにさせているのだと思いました。


北欧の町並みは、日本ほど街灯が必要以上に眩しくないので、窓から漏れるあかりが町のあかりになっていて、
それが、夜が長く 厳しい寒さが続く冬に、お互いを励ましあっているように思えて、すごく素敵な町だなと感じました。


mikiちゃんが言ってる、
"町を歩いて、人が生きているまさにその暮らしの存在を感じる"
っていうのは、こういう町なのかもしれない。


ひとつひとつの暮らしが道に漏れて、家と町がじんわりと馴染んでいるような感じ。

いろんな色の水彩絵の具をにじませてできた1枚の絵みたいに、町ができたらいいですね。


ume


b0150748_05635.jpg



b0150748_057405.jpg



b0150748_058392.jpg



b0150748_0581540.jpg



b0150748_124166.jpg
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-21 01:07 | 窓について | Comments(2)

窓についてかんがえる その2

mikiの書き込みのその後、同じ道を通って一日一緒にまちあるきをしたけれど、
自分の考えていたことはちょっと違ったのでかいてみます。



More
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-19 09:47 | 窓について | Comments(1)

窓辺について考える 

窓について考える



去年の11月に“まちあるき”をしてそのときに考えた事。

それは窓辺のこと。

More
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-18 00:09 | 窓について | Comments(2)

神戸 住みコミプロジェクト

神戸の稲荷商店街へ行ってきました。

ここで住みコミストとして実際に商店街の中に住みながらいろんなイベントを企画、運営されている
メンバーの一人三宗さんにいろいろと街を案内してもらいました。

まず、あまり写真が撮れなかったので残念ながらうまく示せませんが、ここの場所のパワーがすごく強くて、なんていうか、その場所に圧倒されっぱなしでした。

阪神淡路大震災のときに壊れてなくなってしまった所は空き地になってそのままぽっかり空いています。
そしてそのまま住まわれている人たちももちろん居ますが、その商店街は既に多くがシャッターが閉まったままだそうで。
でも それがまたすごいパワフルな場所を生んでいました。

なぜだろうか店の開かなくなったシャッター街でさえ、寂しさなんて感じなくて、むしろ 生きてる 人のパワーがそのまま路地ににじんでるようなきがします。
猫も人も生きている。

そしてちょっと歩けば造船所と港。

b0150748_2323454.jpg


京都の日常生活では見れないスケール感とカラーです。

b0150748_23241223.jpg


b0150748_23244354.jpg


b0150748_23251011.jpg


まだ知り合ったばかりなのでここではまだうまく彼らのことは紹介はできないんですが、
この街を訪れた感想としては、
たとえ少人数でも、コミュニケーションに溢れたこの場所は、路地を歩いていても誰かの生活を感じられ、商店街という場所自体がそもそも既にそうなんだけれども、外なんだけれども同時に中に居て、ふらりと歩くだけでさまざまな空間体験ができる、すごく楽しい場所でした。
もちろんそれは三宗さんたちが、すれ違う地域の人と挨拶をしてお互いが許しあっている間であったからこそ感じたことだと思います。

どっぷり その場所のコミュニティに浸ったような数時間でした。

たぶん昨日はまだまだ彼らの日常のほんの入り口だったのでしょうけれど。








住みコミュニケーションプロジェクト
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-15 23:56 | ある日 | Comments(0)

景観を評価する とは

Query Cruise Vol.2-1 を終えて。

大庭哲治先生のQuery Cruise 「都市景観の“値段”とその評価基準について考える」に参加しました。
その感想と、そこから考えたことを書きます。

今回は都市景観のもつ特性や景観問題の構造という話から始めて、
都市景観を評価するということの意義・そのやり方・評価する際の価値基準、
さらにその計測方法によって評価できるものとできないもの等についてとてもわかりやすくお話をしていただきました。

More
[PR]
by machinamiproject | 2010-02-01 01:04 | 町並会議 | Comments(0)


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

制度って、国なり、自治体..
by tawawa at 12:36
tawaさんありがとう。..
by mk at 23:02
めんどくさがらない は、..
by MiKi at 02:07
早速コメントいただきあり..
by machinamiproject at 00:31
ああこのお家、わたしもと..
by フー at 18:16
素朴な疑問だけど北山のコ..
by tawawa at 12:55
んじゃ今度は 桂川を越え..
by miki at 13:36
桂方面、行きたいね。 ..
by tawawa at 12:37
はじめまして。 コメン..
by machinamiproject at 01:07
はじめまして、加藤と申し..
by sand_gasa at 05:50

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧