カテゴリ:Project( 3 )

今に生きる歴史 ①

長らく更新をしておりませんでしたが、
日々、いろんな出来事に出会いながら過ごしていると、ふとその中から気になる事が出てきて、いつの間にかそのたくさんの気になる事を頭の片隅においたままでいると、あるときそれらが繋がってくることがあります。
その時のつながり具合によって、なぜ気になっていたのかがようやく見えてくるのですが、今の興味が年表にすると明解になりました。

仕事の中で、昭和初期のRC造の建物の内装改修工事に携わった事がきっかけで、当時の工法やセメントについて興味がでてきました。
その建物の当時の仕上げ材料表の中に現在では使われなくなった製品名があり、調べていると南満州鉄道株式会社が当時の市場の製品調査を報告している資料がデジタルアーカイブにたどり着きました。そこには細かな材料報告が載っていて、その調査をした組織自体に興味を持ち始めました。

そんな中、今年6月兵庫県豊岡で開かれた全国町並みゼミへ参加をしてきました。
城崎にしか行ったことが無く、豊岡の街に降り立った事が無かったので、今回のまちあるきはとても新鮮でした。豊岡市の駅前の震災復興建築を見学し、大正時代から作られているというロータリーを見学。
そのロータリーの中央に建てられた銅像の人物について教わりました。
彼の名前は中江種造氏。「鉱山王」として財をなし、銀行・製糸工場・煉瓦工場などの経営にも関わったと載っている(Wiki) そして豊岡市上水道建設費を全額寄付したので現在でも水道祭りがロータリー周囲で開催されるそうです。当時丹後鉄道の敷設などの「大豊岡構想」が推し進められていたので、鉄道敷設に欠かせないトンネル工事用のレンガ製造も彼が担ったと聞きました。

また別の方面から、
昨年に私が台湾を訪れたときに旧日本統治時代の建物、まちなみが残っていて、その都市計画に興味をもちました。商店街はコンクリートやレンガで連なっており、洋風な町並みのようでいて、規模は小さくアジアの中の西洋風という雰囲気がします。
この台湾で鉄道事業を推し進めた人物の一人に後藤新平という人がいます。当時民政局長としての彼は、”台湾における調査事業として臨時台湾旧慣調査会を発足させ”(wiki)たそうで、後で繋がりましたが、この調査会と同じような組織を南満州鉄道でも彼が初代総督となり作ったそうです。
"「生物学的開発」のために調査事業が不可欠と考え、満鉄内に調査部を発足させている”(Wiki)

これらのつながりから、豊岡市の近代化、台湾、満州、そして日本のコンクリート建造物を使用した近代化の時代とが一連として興味が湧きました。そのコンクリート建築は、震災復興、防災への対策として日本の社会が必要とした西欧に見習う新技術だったのでしょう。
江戸時代、幕末なども未だ知識不足ではありますが、日本の近代化への流れは現代の社会に直結しています。古い建物を修復する中で明治、昭和期の建物と対峙して、自分自身の何かが動かされているのかも知れません。 

このあたりの歴史把握をゆっくりと繋げて深めていこうと思います。
その為に自分用の年表を作成しました。まさに上記2者に沿った年表です。
これを軸に、日本の近代化の歴史を探って行きたいと思います。
不学の為まだまだ知らない事だらけですが、この年表あたりで繋がりそうなことがあれば教えていただければありがたいです。

M.K
*青が豊岡、黒が日本全体もしくは後藤氏、赤が京都に関する事項です

b0150748_0231327.jpg

[PR]
by machinamiproject | 2015-08-22 00:13 | Project | Comments(0)

Pique-nique2011

b0150748_0151573.jpg

[PR]
by machinamiproject | 2011-06-01 00:15 | Project | Comments(0)

Pride project

すきな建物

その建物の表に
11月に白い看板がかかりました。

2011年この建物が15mの共同住宅になるとのこと。
5月に引越しをしてこの建物の前を毎日通るようになって以来、
ずっとずっと素敵だなと思っていました。
信号で立ち止まるたびに、この家の鬼瓦を眺めてはにやりと笑顔になります。
でっかい ぶさいくな鬼瓦。路面電車が走っていたころの鉄さびで赤く染まった瓦。
すごくかわいらしくて、モニュメンタルで、大好きな風景でした。

もし改修するんだったら どうしたらいいだろうか。

b0150748_22554239.jpg


木造二階建てだけれど、建った当時のファサードはきっともっと違ったはずで、
ある時点で大壁に塗りごめられモダンな上げ下げ窓がはまっていました。
改修するとしたら いつの時代の姿にもどすだろう とか、
さらにどんな姿に改修したらかっこいいだろうとか。一人妄想をしていたのですが。



結局一週間ちょっとして更地になってしまいました。


今はバリケードしかありません。
屋根の鬼瓦も、大きなボリュームもありません。


のこるのはGoogle earthのストリートビューのみ。

寂しいですね。

その日以来 あれこれ考えております。あと半年早く自分が住み手に話を聞けて、
そのときにこの家が素敵だと伝えられていたら、
何か結果が変わっただろうかと。

壊す以外に何かなかったのだろうか。
少なくとも、壊す前に測量ぐらいさせてもらえたとは思う。

それ以来
数年前に須川さんと立ち上げたプロジェクトを再考しております。

b0150748_2312051.jpg


建物は決して住み手だけのものでは無い。
知らぬ間に幾人かの人の、あるいはその町の モニュメントになっているかもしれない。
そう思ってもらいたい。

どうして 好きなものを素直に好きだと言わないんだ。
道行く人に話しかけたら良いじゃないか。
その靴素敵ですねって。
あなた魅力的ですよって。
この建物好きですって。

コミュニケーションをもっともっと普通にとろう。
せめて自分から 自分の殻を越境しようじゃないか。
[PR]
by machinamiproject | 2011-02-16 23:04 | Project | Comments(4)


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

制度って、国なり、自治体..
by tawawa at 12:36
tawaさんありがとう。..
by mk at 23:02
めんどくさがらない は、..
by MiKi at 02:07
早速コメントいただきあり..
by machinamiproject at 00:31
ああこのお家、わたしもと..
by フー at 18:16
素朴な疑問だけど北山のコ..
by tawawa at 12:55
んじゃ今度は 桂川を越え..
by miki at 13:36
桂方面、行きたいね。 ..
by tawawa at 12:37
はじめまして。 コメン..
by machinamiproject at 01:07
はじめまして、加藤と申し..
by sand_gasa at 05:50

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧