12月6日 ―自律的建築を目指して 〜本町エスコーラの活動〜―

b0150748_23254616.jpg



Seek machinami 03-1 (勉強会)を
126日日曜日に開催したいと思います。

自律的建築を目指して
〜本町エスコーラの活動〜


日時: 12月6日(日)
開場: 13:00
開始: 第1部 13:30~14:45
     休憩(15分~30分)
    第2部 15:15~16:30
   
場所:一般社団法人文化政策・まちづくり大学校内     旧成徳中学校2階セミナー室
    京都市下京区高辻通室町西入る繁昌町290番地 (旧成徳中学校)
    地下鉄「四条駅」南改札口より、烏丸通りを南へ約100m、高辻通りを西へ約150m

会費: ¥500(飲み物と資料印刷費)
定員: 20名ほど



自律的建築を目指して 〜本町エスコーラの活動〜

 建築におけるDIY(Do It Yourself)リノベーションによる注目が集まっています。DIYリノベーションは「自律的建築」つまり居住者自らがその価値判断の現れとして作り出していく建築の、一つのあり方として捉えることができるのではないかと思っています。

 本勉強会では自律的建築の理論と実践について議論したいと思います。実践として取り上げるのは、私が携わっている長屋の改修・運営プロジェクトの「本町エスコーラ」です。本町エスコーラは「自律的コミュニティ」、「自律的建築」、「自律的インフラ」を3つのコンセプトとして、空家となっていた8軒の長屋を住居、アトリエ、オフィス、ギャラリー、コミュニティスペースとして改修・運営するものです。

 私たちのこれまでの勉強会で、人間の「家畜化」の問題がひとつの焦点になってきました。人々がますますコントロールされ、支配され、管理されるようになっている。(「植民地化」と言っても良いかもしれませんが「社畜」という言葉もあるし「家畜化」で良いかと思っています)。この「家畜化」は、(他の動物の家畜化と異なり)行動を物理的に方向付けることによってのみならず、特定の価値観の内面化を強いることによってなされています。この両面において、建築は、人間の家畜化のための手段となっている。このことにたいして、建築家はどう応答すべきなのか。

 「家畜化」には歴史的な経緯があります。山本理顕が言うように近現代の「住宅」は19世紀以降の産業革命の進展に伴って登場した労働者住宅に端を発しています。それ以前は「居住専用住宅などなかった」のであり、住居は仕事場を兼ねていました。そして住居のなかの仕事場は公共空間と私的空間の間にある「閾」の空間でした。閾が人々を結びつけ自律的なコミュニティの成立を可能にしてきました。しかし産業革命によって工場労働者を大量に確保する必要が生じます。労働者住宅は労働力を標準化・均一化し再生産するための手段でした。そこで労働力は家族ごとに分離されて管理されることになります。私たちにとって分かりやすいのは「団地」や「マンション」です。私的空間と公的空間は鉄の扉で区切られています。山本が「閾」と呼ぶような中間領域は存在しません。現在、京都では多くの町家が壊されてマンションに置き換えれて行っていますが、町家もまた「ミセ」という閾の空間を持っていました。

 人間の「家畜化」を問題にしているのは、それが人の「自律」に反するからです。自律とは自分の価値観に準じて生きることです。自分の価値観に準じて生きていれば、人は学習することができます。フィードバックループがあります。他律とは他者の価値観に準じて生きることであり、この場合失敗しても結局他者の責任なので人は学習しません。学習の前提となるのは、価値観についてのフィードバックループです。変化に対して開かれていることです。「自分の価値観」といっても社会や環境との関わりのなかで形成されるものであり、何かのヴェールを取り除くことで自己の本質として見いだされるものではないでしょう。周辺環境の雑多なものも含めてうまく循環するようにしていくことが学習だと考えます。私の倫理観では、この学習の循環というのがもっとも大切なのであり、功利主義的な観点から人々に快適な空間を提供することがこの循環を断ち切ってしまうのなら、それは本末転倒なのです。

 自律というのは周りの環境と無関係に成立するということではありません。環境と自分の関係をみないといけません。すると自分が自律的であるためには、多くのものに依存することが必要だということがわかります。依存できるものが少ないと、自律が難しいのです。自分のまわりの環境とは、社会的な観点からはコミュニティであるし、フィジカルには建築やインフラだったりします。
 
 コミュニティや建築は個人の自律をたすけることもできれば、じゃますることもできます。個人の自律をたすけるのは自律的コミュニティであり、個人やコミュニティの自律をたすけるのは、自律的建築や自律的インフラです。
 
 自律的コミュニティとは、コミュニティが自らの価値観に準じて動くことです。あるいは問題を設定し解決するコミュニティという意味です。専門家に何が問題かを教えてもらうのではなく、あるいは行政に問題の解決を任せるのではなく、自分たちで感じて考えて動ける、そういうコミュニティです。これは政治的な観点からも大切です。民主主義の前提となるのは自律的な個人ですが、自律的な個人は自律的な共同体を前提とすると言われています(宮台 2012)。自律的インフラとは、資源の部分的な自給のことです。集中的にコントロールされたインフラから独立した、分散的インフラです。部分的な自給というのは、依存先を増やすことです。

 今回の主題は自律的建築です。どのような建築が、個人やコミュニティの自律を助けるのか、山本のように空間構成の面から論じることもできるでしょう。空間構成の面で興味深いのは、近年のコミュニティを意識した建築において、半公的空間にキッチンが置かれることが多いことです。山本が述べる古代ギリシャの住宅において、台所は建物の一番奥にあって、そこでは奴隷が働いていました。

 しかし今回はむしろプロセスの面から見て行きたい。自律的建築とは、自たちの住環境を自分たちの価値観に従って自分たちで作って行くことだと言うことができるでしょう。

 イギリスの建築家でジョン・ターナーという人がいます。ターナーは1950〜60年代のラテンアメリカにおける調査研究を通して、当時優勢であった都市計画においてはスラムとして否定的に捉えられていたインフォーマルな住居に積極的な価値を見いだしました。ターナーはスラムクリアランスの後に建てられる公共住宅のように行政が中心となって計画・建設・管理する「他律的住居システム」と、インフォーマルな居住地のように利用者が中心となって計画、建設、管理を行う「自律的住居システム」を対比します(図1)。そして利用者の満足だけではなく経済的な持続可能性からも後者に優位性があり、公共セクター(public sector)の主な役割は資源の公平な分配に置くべきだと主張したのです。

図1自律的住居システムと他律的住居システム
(出典:John F. C. Turner:Housing by People,Marion Boyars, 1976)


 
 公共セクター、民間セクター、民衆セクターの区分は、国家、市場、コミュニティと言い換えることもできます。これらは、ポランニーの言う「再配分」、「交換」、「互酬」という3つの経済的パターンに対応しています。

 その後の新自由主義的傾向とグローバル経済の拡大を経て、今日むしろ問題となるのは民間セクター(private sector)による都市の資本主義的な再開発です。「マルクスが言うように、資本主義は剰余価値(利潤)の永続的追求にもとづいている。しかし剰余価値を生み出すためには、資本家は剰余生産物を生産しなければならない。このことが意味するのは、資本主義は、都市空間の形成に必要とされる剰余生産物を永続的に生産するということである。逆の関係もあてはまる。資本主義は、それが永続的に生み出す剰余生産物を吸収するような都市空間の形成を必要とするということである」(ハーヴェイ 2013)。そして、「経済の発展=開発はまた、商品なしに暮らすことを可能にしていた諸条件が物理的・社会的・文化的環境から消え去ったがゆえに、まもなく人々が商品を買わざるをえなくなるということをも意味している」(イリイチ 1990)。住居や都市は民間セクターによって資本の拡大のための手段として計画・建設されることになる。このことはしばしば、民衆セクター(popular sector)つまり利用者にとっての住居や都市の使用価値を損なうのです。

 今日、行政主導あるいは民間資本主導のまちづくりの両方の弊害が認識され、コミュニティ主導によるまちづくりの重要性が説かれていると思います。こうした背景において、民衆セクターのコントロールに重きを置く自律的住居システムの理論は、依然として妥当性を持つと考えます。私はDIYをこの文脈で理解しようと思っている。DIYは民衆セクターが建築を建築家などの専門家から取り戻す手段になりうる。

 しかし、コミュニティ主導によるまちづくりが、単に地域住民の参加によるまちづくりという意味に捉えられ、「専門家」のコントロールの下で行われるのなら、むしろそれは「家畜化」を押し進めることになる。DIYによる建築のリノベーションもまた、ワークショップとしてパッケージ化され、産業化され、建築家などの専門家にコントロールされるならば同じではないだろうか。

 コミュニティを、市場や行政からは独立した価値観の源泉としてみなすことで、コミュニティが市場や行政の価値観の下に組み込まれることに抗う必要があると考えます。このことはしかし、単に市場の拡張や行政の管理に抗うということではありません。おそらく止めようのない流れがある。

 楽観的な見方なのかもしれないけれど、3つのセクターがそれぞれに還元不可能なそれぞれの価値観の中でより良いシステムを組織化し、相互の対立をコントラストに変えて行くことは、それぞれにとって好ましくさえあるのではないか。


参考文献 

Turner, John F. C. : Housing by People, Marion Boyars, 1976
綾屋紗月、河野哲也、向谷地生良 、Necco当事者研究会 、石原孝二、池田喬 、他:当事者研究の研究 (シリーズ ケアをひらく)、医学書院、2013
イリイチ、イヴァン:シャドウ・ワーク、岩波書店、1990
ハーヴェイ、デヴィッド:反乱する都市 資本のアーバナイゼーションと都市の再創造、作品社、2013
深尾葉子 :魂の脱植民地化とは何か、青灯社、2012
ポランニー、カール:経済の文明史、日本経済新聞社、1975
宮台真司(監修):統治・自律・民主主義―パターナリズムの政治社会学、NTT出版、2012
安冨歩:合理的な神秘主義ー生きるための思想史、2013
山本理顕:権力の空間/空間の権力 個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ、講談社、2015



プロフィール: 山口純 (やまぐち じゅん)
1983年、川崎生まれ。2007年、京都大学工学部建築学科卒業。2009年、京都大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。2014年、同博士課程修了(博士論文:C. S. パースの探究の理論に基づく設計プロセスのモデルの構築)。博士(工学)。専門は建築設計方法論。立命館大学専門研究員。本町エスコーラ・ディレクター。大見新村プロジェクトかり部・部長。狩猟免許所持(わな猟)。趣味は革鞣し、靴づくり、ビンテージ自転車の修理。


無事開催できました

テキストはこちら 

参加者の感想はこちら

[PR]
by machinamiproject | 2015-11-09 23:21 | Seek machinami | Comments(0)


町並・景観についての意見交換・勉強したものを公開します


by machinamiproject

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
町並会議
ステッカ
情報
pique-nique
京都会館
建物
メッセージ
Project
今に生きる歴史
Seek machinami

Un petit essai
窓について
pride project
シェアリビング
my monument
greetings
ある日
まちあるき
都市計画
未分類

以前の記事

2016年 12月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 08月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月

フォロー中のブログ

最新のコメント

制度って、国なり、自治体..
by tawawa at 12:36
tawaさんありがとう。..
by mk at 23:02
めんどくさがらない は、..
by MiKi at 02:07
早速コメントいただきあり..
by machinamiproject at 00:31
ああこのお家、わたしもと..
by フー at 18:16
素朴な疑問だけど北山のコ..
by tawawa at 12:55
んじゃ今度は 桂川を越え..
by miki at 13:36
桂方面、行きたいね。 ..
by tawawa at 12:37
はじめまして。 コメン..
by machinamiproject at 01:07
はじめまして、加藤と申し..
by sand_gasa at 05:50

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧